“坂崎”=坂崎

   オダギリジョーが演じる“坂崎”は、アルフィーの坂崎幸之助がモデルになっている。

   『パッチギ!』の準備を進める中で、坂崎がDJを務める番組内のコーナーで「イムジン河」の特集があった事が判明する(NACK5「 K'Sトランスミッション 」J-POPスクールスペシャル“イムジン河2001”:平成13年日本民間放送連盟賞ラジオエンターテインメント部門最優秀賞受賞)。そして坂崎本人に取材をする中で聞いた様々なイメージが蓄積され、それが他のイメージと混ざり合って“坂崎”のキャラクターが形成される。実際に坂崎の実家は酒店で、坂崎自身大ファンだったフォークルがきっかけで、その後の日本のフォークにも傾倒し始めたのだ。

   また井筒の中で膨らんだ坂崎のイメージは“坂崎”の中に収まり切らず、それが主人公の松山康介のキャラクターの一部にもなっている。それは“康介”という名前が幸之助に由来しているという事からも分かるだろう。

   坂崎のラジオ番組での“イムジン河2001”がきっかけとなってフォークルの新結成に坂崎が参加し、それと並行して松山猛の「少年Mのイムジン河」が執筆され、そしてそれら全てが自然に結びつくように『パッチギ!』が創られたのも、何か不思議なめぐり逢わせが感じられる。

 

ストーリー・作品紹介

キャスト紹介

劇場情報

 

【制作ノート】

「イムジン河」「少年Mのイムジン河」そして『パッチギ!』

“坂崎”=坂崎

加藤和彦登場! ザ・フォーク・クルセダーズから『パッチギ!』へ
井筒和幸京都学校

 

 

PACCHIGI Official Website (http://www.pacchigi.com/)

Copyright © 2004 Cinequanon All Rights Reserved