「イムジン河」
「少年Mのイムジン河」
そして『パッチギ!』

   イムジン河(ハングルで“イムジンガン/臨津江”)は朝鮮半島を分断する38度線を北から南へ流れる川であり、この川をモチーフに南北分断の悲しみを唄った曲(詞:朴 世永/作曲:高 宗漢)の名前でもある。日本では1968年に松山猛の訳詞でザ・フォーク・クルセダーズ(以下フォークル)が発売を予定してシングル盤13万枚がプレスされたが、レコード会社が直前に発売中止を決定した。関係者全員が朝鮮民謡だと思っていたために作者名の明示がないのと日本語詞が忠実でないなどの抗議を受け、政治的な配慮をしたためだ。ラジオやテレビも自主規制をしてこの曲が放送される事はほとんどなかったが、その後もコンサートではフォークルはもちろん多くの歌手に歌い継がれてきた。そして2000年の南北首脳会談を機に“統一を願う歌”として再び脚光を浴び、34年の時を経て2002年遂に“幻の歌”はフォークルのオリジナル盤が発売された。

   松山は中学生の時に、朝鮮中級学校の友人からこの美しい曲を教えてもらう。十代の終わり頃にフォークルのメンバーと親しくなり、この曲をフォークルのメンバーに紹介すると、感銘を受けた彼らはレパートリーに加えることになる。2002年に松山は「イムジン河」との出会いを「少年Mのイムジン河」として、当時の純情な気持ちと共に詩情豊かに綴った。そしてこの本を手にしたプロデューサー李鳳宇が井筒監督に紹介する事によって、『パッチギ!』の種がまかれる。井筒が『ゲロッパ!』の脚本で頭を悩ませていた、2002年の冬の事だった。その後『ゲロッパ!』を撮り終えた井筒は、「少年Mのイムジン河」に真剣に取り組み始める。青春時代を正に京都で過ごした李と奈良で過ごした井筒は、当時の自分たちの経験を盛り込みながら推敲を重ねていく。こうして「少年Mのイムジン河」に書かれた「イムジン河」のエピソードを軸に、若者たちの青春を熱く描いたオリジナル脚本が完成する。

 

ストーリー・作品紹介

キャスト紹介

劇場情報

 

【制作ノート】

「イムジン河」「少年Mのイムジン河」そして『パッチギ!』

“坂崎”=坂崎

加藤和彦登場! ザ・フォーク・クルセダーズから『パッチギ!』へ
井筒和幸京都学校

 

 

PACCHIGI Official Website (http://www.pacchigi.com/)

Copyright © 2004 Cinequanon All Rights Reserved